【#眠活女子】すこしで変わる!睡眠の質を高める3つの習慣

あなたは眠りの質、下がっていませんか? 

気づかぬうちに積み重なる不眠によるストレスは、 意欲・判断力・生産性の低下につながり、人生の幸福度も下げてしまいます。 

眠りの質をあげることが、日常生活をよりよくする重要な鍵なのです。

睡眠記録アプリで睡眠状況をチェック

快適な睡眠は、人によってさまざまであり、これをすれば絶対に良くなる!というものはありません。

まずは自分の睡眠は浅いのか?深いのか?

または寝返りは激しいのか?歯ぎしりやいびきをかいているのか?

把握してみましょう。 

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームLite 

録音機能・睡眠の質を簡単に測れる目覚ましアプリ

環境をみなおす

睡眠に影響する三大要素 温度湿度を調節しましょう。 

眠りに入る90分間で、その日の睡眠の質が大きく変わります。 高温・多湿の環境では途中で覚醒してしまう可能性があります。

また、低温すぎるクーラーで身体が冷えてしまうのも良くないです。 

入眠時の体温調節が快眠の鍵となるため、寝る直前の入浴マッサージが勧められているんですね。

価格¥1,420

ピップ スリムウォーク 美脚クールロング

冷え性・体温調整が苦手という方におすすめなのはこちら。

通気性のいい素材なので蒸れることもなく、足のむくみも一緒にとれる一石二鳥のアイテムです!

寝室は、遮光・防音がしっかりできている部屋が望ましいです。 遮光カーテンがない場合は、アイマスクをすると良いでしょう。 

部屋の明かりは暖色にし、スマホを見る時も、ナイトモードにすることで、脳への刺激を抑制します。

これだけでも、途中で目覚めてしまう可能性は少なくなります。 

適度な運動をする

就寝の3時間前に軽い運動をすることが、快眠への近道です。 

でもなかなか時間を作るのは難しい…と思う方が多いはず。そんなときは、日常生活での歩数を増やすことを心がけましょう。 

なるべく階段をつかう・早歩きで歩く・10分だけ走ってみる。 あまり動かないという人は、それだけでも睡眠の改善につながります。

まずは一日8000歩を平均になるように過ごしてみましょう。

自分の身体を労わって、よい快眠ライフを送りませんか?

// 参考文献 // 終夜睡眠ポリグラフィ 野田 明子, 古池 保雄

graphic designer ♥ イラスト/原宿系/旅行/低糖質スイーツ/チョコ/ヘルスケア
投稿を作成しました 37

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る